たべまる

食卓から応援!食べてつなげよう支援の輪

チームシェフ×イミコトマルシェ

生産者さんのその後

新型コロナウイルスの影響に伴う外食自粛、宿泊施設や土産屋、商業施設などの営業自粛や来客減少、
イベントや催事の延期や中止、学校給食の取りやめを受け、
我が子のような食品、食材が食べられることなく廃棄される・・・。
その状況に、多くの生産者・事業者が悲鳴をあげています。
一方で、オンライン上で野菜や魚を買ったりと様々な支援が広がっており
これまで遠かった生産者と消費者の関係も変わりつつあります。
たべまるでは、全国の数多くの皆様の応援をいただいております。本当にありがとうございます。

お客様の”おいしい”が、生産者の”うれしい”へ、

たくさんの支援をいただいた生産者のその後をご覧ください。

2021.08.17

紀伊長島

三重県北牟婁郡紀北町で水産加工業を営む紀伊長島さん。商品を提供していたホテルや旅館が軒並み休業に追い込まれた影響により、例えばねぎとろ約3トンなど。多くの在庫を抱えておられました。

詳しく見る

2021.09.10

エコロはるちゃん

滋賀県大津市で「大豆百福豆」という豆菓子の製造販売をされているエコロはるちゃん。2015年の「Tastes of JAPAN by ANA」、2016年にチーム・シェフコンクールにて「各種を受賞」、2017年は全国菓子博覧会にて「名誉総裁賞」を受賞してきた商品たちです。しかし、販売の中心は「お土産」による需要から大量の在庫を抱えてしまうことに。 そんなエコロはるちゃんの「今」をご紹介します。

詳しく見る

2021.09.10

アララガマ農園

沖縄県の西表島で果樹園を営まれているアララガマ農園さん。樹上完熟させてからの収穫にこだわり、糖度が高くジューシーなマンゴーやパイナップルを生産されています。コロナ以降は「配送の安定化が見込めないから」と、取引先からは注文のキャンセルが相次いだことで、たべまるでも販売のサポートをさせていただきました。 そのアララガマ農園さんの「今」をご紹介します。

詳しく見る

商品一覧はこちら

img
img